2013年4月グアム旅行【4日目】

あさごはん

4日目朝ごはんは、
私のリクエストによりファミレスのKing’sへ。
アメリカン!な朝ごはんがどうしても食べたくて。

グアムに何店舗かあるけど、
行きやすいのもあってGPOの敷地内のお店にしてみました。

店内は結構暗いけど、
それを除けばボックス席が並ぶフツーのファミレス。
日本人らしき人は見当たらず。

メニューを見て悩む。
種類が多い…上に…付け合せの選択肢が…

「トースト か イングリッシュマフィン」 

「パンケーキ か ごはん か ハッシュドポテト」
(ちなみに後者は、+$1.10で、炒飯か玄米かフルーツにもできます。)

プラス、か…
量を考えると、後者はせめてハッシュドポテトにすべき…
しかしパンケーキは外せない…。

悩んだ末、トースト+パンケーキにしてしまった…。

せめてもの抵抗として、
一番安い「No Meater」つまり卵2個(それでも2個…)だけで
ベーコンとかのないメニューにしたんだけどね…
無駄な抵抗だよね…

なお、卵の調理法は選べます。
とりあえず王道のサニーサイドアップに。

で、運ばれてきたのが
目玉焼2個の横に、バター塗ってある薄切りトースト2枚。
別のお更に直径25cmくらいのふかふかパンケーキ3枚と
バターと80ccくらいのシロップ。

どーん。

なんていうか、ものすごくおいしい!てわけでもなく、
まずいってわけでもなく、
まさにファミレスっぽい味で、
気分的にはとても満足したんだけど、やはり量が…。

死ぬほど頑張って食べたけど、
トースト1/4とパンケーキ1枚は残してしまいました。

なお、夫が頼んだイングリッシュマフィンは、
小さめ薄めのが1つだったので、
どう考えてもそっちにすべきだった…。

夫は、Ham&Eggsに、ごはんとイングリッシュマフィンにしていましたが、
こちらはなんとか完食。

やはり敗因はパンケーキか。
でもパンケーキ好きなんだー。

こんどはフレンチトーストも食べてみたい。
あとはにしんフライも怪しいから気になる…。

おかいもの

朝食の後は、
GPOのおもちゃ屋をちょっとだけ見た後、
ROSS DRESS FOR LESSを覗いてみた。

おもちゃ屋は、子ども向けのドリルとかが充実していて
ちょっと欲しくなるほど。
単語とかあのかわいいドリルで覚えたい…。

ちなみに店員さんに、最初韓国人旅行者に間違えられました。
どのあたりがそう見えた…?
いや、むしろグアムの働く人たちが、
大体正確に日本人と韓国人を見分けている理由を知りたいかも。

ROSSは……おおお安い。
服を買うのが苦手な私が、
夫が選んでくれたのもありうっかり大量買い。

トップス1枚と、ワンピを3枚も買ってしまいました…。
安いけどさ…。

それから、せっかくグアムに来たし一応海入っとく?
ってことになって、2人とも水着購入。

はい、昨年と今年、
どちらも水着を持ってこなった珍しい人です。
なかなか可愛いビキニが29ドルくらいだったので、
日本で買うより安いし、いっか。

ROSSのレジが大行列で思ったより時間がかかったので、
レンタカー返却13時までギリギリになったことと、
朝ごはんがアレだったから全くお腹が減っていなかったので、
昼を食べずにとりあえず車を返すことに。

予定では、Kマートの向かいの、
メスクラドスでハンバーガー食べたかったんだけど、あきらめ。

マリンコードライブ沿いのShellで給油して
(セルフなのに店員さん手伝ってくれた)ホテルへ戻りました。

ひるごはん

車を返して荷物を部屋において、
水着と釣具だけ持ってまたふらふらと出かけた私達。

少しだけお腹が減ってきたので、昼ごはんを…
…どこで…?

少し悩んだ結果、
サメ好きな私が先日来、看板で一目惚れしていた、
Sharky’sに行ってみることに決定。

場所は、ハードロックカフェと逆バンジーの間くらい。
コミカルなサメの看板が目立ちます。

いちばんシンプルな、Sharky’s Burgerを注文。
お肉と少しのたまねぎだけが挟まっている
直径7cmくらいの小さめバーガーが2つと付け合せ。

付け合せは、フライドポテトかオニオンリングが選べるというので、
オニオンリングを。
(カロリーに対するせめてもの抵抗)

メニューにバーガー2個って書いてあったから、
思わず注文前にサイズ聞いてしまったわ。
小さいって言ってくれたんだけど、
なお私が疑っているのがバレたのかバンズを見せてくれました。
ごめん店員のお兄さん…。

なお、この店も日本人いない…。
安くてお気軽なのに。
店内はなんか白人ばっかりでそれはそれで珍しい感じ。

またまた釣り(イパオビーチ)

再び満腹になって、どこで釣りする?と相談。

ホテル前ビーチは怒られそうだし
(レギュレーション的には砂地から投げる分にはOKだけど、ホテルが怒りそう)…
と地図を見ていて、ふとイパオビーチに思い至る。

「公園になってるし、歩いていける距離だし、
 ビーチ綺麗らしいし、日本人少なそうだし
 (それにつれづれなるモナカの二匹がお気に入りのビーチって言ってたし)」

と、夫に提案してイパオ公園までてくてく。
炎天下だと、マリオットの手前の坂が地味に効くわ…。

たどり着いたイパオ公園は、
赤い屋根の東屋がアクセントのキレイな公園でした。

予想外に(失礼)キレイな公衆トイレの中には、
更衣室的なスペースもあり、ちょっと感動。
(グアムの公衆トイレがキレイなのって、
 気温が高くてジメジメ濡れたままにならないからなのかな?)

水着に着替えてとりあえず海へ。
?予想外に冷たい?と思ったけど、一度浸かってしまえばそんなもん。

なにより外が快晴で気温が高いから、
水から出ても全く寒くなく、あっという間に身体が乾くのがいいですね。

適当にバシャバシャ立泳ぎやら顔出し平泳ぎやらしていると、
小さな魚が沢山泳いでるのがわかる。
コンタクトで来ちゃった上に、
ゴーグルもなかったので、水中が見られず残念…。

そんなとき、サヨリの群れに囲まれて、
「サヨリ!サヨリ!」と騒いでいたら、
日本人観光客の女性が、

「今からちょっと休憩するんでよかったらしばらく使ってくださいー」

と、なんとシュノーケルを貸してくださいました。
すごいー。とても嬉しいー。

ありがたくお借りして、少しだけ沖で顔を浸けてお魚鑑賞。
これは……

…あまりの数に思わず圧倒されました。
小さいけど大量の魚の群れが自分を取り巻いていて、
なんというか、言葉が出ない。

本当にこの海は素晴らしいところだと心底思いました。
しばらく堪能してシュノーケルを返却。

名前も知らないですがあのときのお姉さん、
ありがとうございました!

ここらで水泳は一段落として、釣りをば。

竿を引っ張りだして砂浜を歩いていると、ライフガードのお兄さんが
「釣りしてもいいけどー! 砂地からしか投げちゃだめだよー!」
?と叫んでくれました。

恐ろしく遠浅なので、
膝くらいまで海に浸かって、人がいないあたりに投げる。

エサは昨日の残りのハム(ホテルの冷蔵庫に入れてた)。
で、いっぱいいる小さい魚がエサに猛アタックしてちぎり食い、
ほとんど針に触れずにエサがなくなるという…。

そりゃあんだけいるんだもんね…
そして全部口小さいもんね…。

途中でハムを岩の上に干しました。
すぐに乾いてくるのでちょっと頑丈になって良い感じ。

しかし釣れない…。
ちょこちょこ小さなアタリはあるんだけど、
針がかりには至らない…。

まあ天気は最高、海の波も気持ちよくて、
そこにいるだけで気持ちいからいいんだけど…
あれだけ魚がいるし一匹くらいつれないのかなー
とか思ってたそのとき。

ふと砂浜を振り返ると、
犬が。
お散歩中のおっきな犬2匹が。
ゴールデンレトリバーとグレイハウンドが。

あ、あ、あれはもしかしてもしかして、
つれづれなるモナカのモナカくんとアイスくんなのでは!

飼い主のきなこさんにご挨拶して、
2匹をなでなでしたい!
と思ったものの、いきなり声をかけたら引かれるのでは、と一瞬躊躇…。

普段の私なら絶対に声をかけられない状況なのに、
南の島パワーなのか、声をかけてしまいました(;´▽`A`

もしかして?
とは思ってたけどまさかお会いできるなんて。

髪びしょびしょ、水着の上にブラウス1枚着ただけの
ひどい格好の私に、
きなこさんはとても親切にお話してくださって、
モナカくんとアイスくんもなでなでさせていただきました。

かわいい! かわいすぎる! そしてよい子!

ぎゅうしたかったけど、私が濡れていたので遠慮しました。

そして私のまとまりのない話を
きなこさんに聞いていただき、
南の島移住に向けてがんばる元気をいただきました。

ほんとうにありがとうございました!
またいつかどこかでお会いできれば嬉しいです。

またまた釣り(イパオビーチ→アウトリガー裏あたりまで)

さて、興奮冷めやらぬ私に、
釣れないからちょっと移動したい
と夫から提案。

気付けば日もずいぶん傾きかけの模様。
荷物を持って、釣り竿を手に、
投げながらタモン中心部に向けて、砂浜を歩いていくことにしました。

たまーにアタリがあるものの、
釣れるまでにはいたらない状況が続く…。

本当にいい天気で、
夕日がヒルトンの方面へ輝きながら沈んでいく様子が
とてもキレイで何枚も写真を撮りました。

今回グアムで見る最後の夕日だと思うともう泣けてくる(/_<。

日が落ちた後、同じ西の空には綺麗な新月が。
まるで皆既月食のような輪っかが見えました。
こちらはしっかりと目に焼き付けて。

そして、マリオットの裏あたり、
海に突き出た岩のあたりまで来たとき、強いアタリが!
そしてついにお魚ゲット!

大きくはないけど元気なお魚でした。
少ししてから夫もアジをゲット。

滞在最後の夜、2人とも釣れてよかった~。

その後も一応ちょこちょこ投げながら歩き、
フィエスタの裏では一部1.5mほど砂浜が無くなっていて
(満潮だったから)
飛び越えようとして海にハマって靴を濡らしたりしながら、
アウトリガーの裏あたりまで砂浜歩いて戻りました。

表通り歩いたときより近く感じたのは、
涼しかったからか、アップダウンがないからか、
止まり止まりあるいていたからか…。

ゆうごはん

朝昼と食事が重めだったため、
夕飯は軽めの方向で検討。

前日夕飯を食べた、
Beachin’ Shrimpに心残りがあったので
なんともう一度いくことにしました。

心残りとは、シンプルにエビを蒸したメニュー。

昨日テーブルについてくれた女の子が覚えていてくれて、
びっくりされてしまったので、
「また来ちゃったー」と照れ笑い。

エビはぷりぷりで臭みもなく、
タレが3種類(ピリ辛クリーミーソース、カクテルソース、しょう油ベースソース)
もついてきて、
飽きずにエビがもりもり食べられます。

個人的にはこのしょう油ベースソースが味わい深くて、
一番気に入りました。

手をベタベタにしてエビを食べ終わったころ、
隣の席のローカルっぽいご夫婦から声をかけられました。

私たちが食べていた蒸しエビの感想が聞きたいとのことで、
とっても美味しかったこと、
とくにしょう油ベースソースがいいと思ったことなどを伝えました。

しかもまた南の島モードが発動した私。

昨日もこの店に来てスープとサラダとココナッツシュリンプを食べて
すごくおいしかったこと、
そのときに蒸しエビを食べ損ねて残念だったから今夜また来たこと、
グアムに来たのは2回目で、今日は最後の夜だから寂しい、
など、聞かれてもいないのに語る。

そしたらなんだか話が盛り上がって、
自己紹介して名刺をいただいて、
がっちり握手まで(エビ臭い手ですみませんでした)。

なんとその男性の方、グアムのとある一流ホテルの偉いひとでした(ノ゚⊿゚)
どこでどんな出会いがあるかわからないですね…びっくり。

またグアムに行ったときにお会いできるといいなあ。

夕方といい、夜といい、忘れられない出会いの日になりました。

部屋飲み

結局、最後の夜と別れがたくて、
ホテルの部屋で飲むことにしました。

ABCストアで、バドワイザーとスパムむすびと
Foremostの甘々ヨーグルトを買って部屋へ。
?(ヨーグルト好きとしては6ozサイズのヨーグルト嬉しい。
 このサイズ日本でも売ってほしい。)

暗くした部屋で、外を眺めながら飲んでいると
また涙が出てきて困りました(ノ_・、
せっかくだから最後まで楽しい気分でいたいのに。

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


Leave a Reply

CAPTCHA